【大好評】適正アプリ・事務所の無料提案詳細

17LIVE(イチナナ)の運営会社はどこ?開発からの沿革や上場情報を紹介!

17LIVE 運営会社

運営会社はどこ?
開発会社はどこ?
株価はいくら?

17LIVEの運営会社は「17LIVE株式会社」です。上場を視野に入れた戦略で急成長しています。

そこで本記事では、17LIVEの安全性を証明する意味でも、運営会社情報をまとめました。

本記事を読むことで17LIVEの歴史・沿革がわかります。

目次

17LIVEの会社の沿革

内容
2015台湾で「M17 Entertainment」を設立
2015年6月AppStoreでリリース
2015年9月Google Playでリリース
2016年3月1000万ダウンロードを突破
2017年6月「株式会社17Media Japan」を設立
2018年6月世界に展開
2019年3月認証ライバー10,000人突破
2020年6月「17 Live」から「17LIVE」へ表記変更
2020年10月社名を17LIVEに変更

17LIVEは台湾で生まれ、2017年に日本で法人化しました。イメージとしては、親会社が台湾の「M17 Entertainment」になります。

2020年の10月に社名を変更し、17LIVE株式会社になりました。

アジア約10ヵ国に展開

  • 日本
  • 中国
  • 台湾
  • 韓国
  • 香港
  • ベトナム
  • ニュージーランド
  • タイ
  • シンガポール

などといったグローバル展開を図っています。

17LIVEの出演芸能人

17ライブ
出典:17LIVE

17LIVEには数多くの芸能人が出演しています。全てあげるとキリがないほどです。以下17LIVE出演経験がある芸能人です。

アーティスト

  • AKB48
  • 倖田來未
  • 指原莉乃
  • DJ KOO
  • GACKT

お笑い芸人

  • バイキング
  • 流れ星
  • 濱口優(よゐこ)
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ)

タレント

  • 南明奈
  • 金子賢
  • 田村淳(ロンドンブーツ)

アスリート

  • 亀田興毅
  • 井岡弘樹

17LIVEの運営・開発会社について

17ライブ
出典:17LIVE

M17 EntertainmentのグローバルCEOには、株式会社17LIVE代表の小野裕史氏が就任しています。そのため、株式会社17LIVEの親会社的存在感はそこまで大きくありません。

しかし、上場の話の対象は「株式会社17LIVE」ではなく、親会社の「M17 Entertainment」になります。

それゆえに、上場市場がアメリカNASDAQ、ADRになります。

株式会社17LIVEの株価

17LIVEの株価情報はどこにも掲載されていませんでした。

ADR上場についても、こちらの記事で廃止と記載されて以来、情報更新がありません。

NASDAQの株価について記載されているページもありませんでした。

運営会社基本情報

社名17LIVE株式会社
設立年月2017年06月
代表者代表取締役 小野 裕史
従業員数170名(2019年12月現在)
事業内容日本No.1ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」の運営( iOS/Android )
住所〒107-0061 東京都港区北青山2-12-28 SEIZAN青山ビル2F
出典:17LIVE

詳細は株式会社17LIVEホームページをご覧ください。

17LIVEの安全性

順位1月(自粛前)4月(緊急事態宣言下)6月(緊急事態宣言解除後)
1位ツイキャス・ビュワーツイキャス・ビュワーツイキャス・ビュワー
2位ニコニコ生放送ニコニコ生放送ニコニコ生放送
3位SHOWROOMLINE LIVEMirrativ(ミラティブ)
4位LINE LIVEMirrativ(ミラティブ)SHOWROOM
5位Mirrativ(ミラティブ)SHOWROOMLINE LIVE
6位V LIVEV LIVEV LIVE
7位17LIVE(イチナナ)ツイキャス・ライブOPENREC.tv
8位ツイキャス・ライブOPENREC.tvツイキャス・ライブ
9位OPENREC.tvSUGAR17LIVE(イチナナ)
10位ミクチャ(MIXCHANNEL)17LIVE(イチナナ)SUGAR
参照:App Ape Lab

「稼げる」という観点に注目した時によく名前を聞くライブ配信アプリがあまり入っていません。

しかし、17LIVEはこのように全体の配信アプリランキングでも上位にいます。これはアプリの安全性と人気度を裏付けています。

17LIVEの運営会社に関してよくある質問

17ライブ 質問
今後買収の可能性は?

確実にないとは言えません。17LIVEがアメリカなど更にグローバルに展開すると買収も考えられるでしょう。

運営会社によるライバーの影響は?

やはり、「給与」になります。運営会社が潰れれば給与がもらえないことは当然ですが、報酬形態の変更も運営側は可能です。

ビゴライブも、運営会社が変わり、報酬システムが変更したことによりライバーが離れる時期がありました。

ライバーという職業に依存しすぎないことが一番重要です。

まとめ

  • 17LIVEは2015年に台湾で成立
  • 2017年に「株式会社17Media Japan」として本格的に日本に参入
  • 2019年には認証ライバー10,000名突破
  • 2020年に株式会社17LIVEに社名を変更
  • 上場についての情報が不透明

インストール必須!初心者でも始めやすい今人気のライブ配信アプリ

アプリ名初心者経験者大人
ビゴライブ
ポコチャ
ふわっち

初心者向け!ビゴライブ

事務所所属が必要!
グローバルな繋がりが持てる!
初心者の枠でも過疎らない!

見込収入約5万円
始めやすさ
新人ライバー多い
治安良い
ビゴ ライブ(BIGO LIVE) ‐ ライブ配信 アプリ

ビゴ ライブ(BIGO LIVE) ‐ ライブ配信 アプリ

BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

経験者向け!ポコチャ

フリーでも稼げる!
初心者に優しい!
情報の透明度が高い

見込収入約7万円
始めやすさ
新人ライバー多い
治安非常に良い
Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

大人向け!ふわっち

年齢層が高い!
飲酒OK!
オンライン呑み会が今日も開催中!

見込収入約3万円
始めやすさ
新人ライバー普通
治安普通
ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち - ライブ配信 アプリ

A Inc.無料posted withアプリーチ

ビゴライブはそのユーザーの多さから過疎る確率が低いです。非常に初心者が始めやすくなっています。

アプリ名見込収入始めやすさ
ビゴライブ約5万円
ポコチャ約7万円
ふわっち約3万円
ふぇい

↓友達になれたら嬉しい↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
ふぇい

ブログ村ランキング参加中!1位には程遠い...

17LIVE 運営会社

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる